電話をかける メールを作成

手のひらに患者日誌。

What is ePRO?

患者本人から得られる健康状態に関する報告(患者報告アウトカム/患者日記)の電子版であり、Electronic Patient-Reported Outcomesの略称です。

先んじて海外での普及が進んでいますが、近年、国内でもePROを利用した臨床試験は増加傾向にあります。

How To Use ReDPat


Good Points

ReDPatでは、入力可能時間を設定することで、
時間外での入力を行えないようにすることが可能です。
本来のルールが守られることで、データの質の向上も期待できます。

毎日の継続入力が必要な場合でも、ReDPatなら安心!
アラートメールによる入力のリマインドができるので、
入力開始時間を過ぎても入力を行わない被験者へ入力依頼メールを自動送信。
うっかり忘れを防止します。

ReDPatでは、入力データをタイムリーに確認できます。
入力漏れ、入力ミス等の不整合データへの対応、
各施設・被験者の進捗率参照が迅速に行えます。

ReDPatのデータは高水準のセキュリティを有するサーバに保管されるため、
紙媒体と比較し紛失等のリスクを大幅に削減できます。

ePROなら「被験者の入力」=「データの保管」
なのでデータ集計の人件費や時間をコストカットできます。

Features

ReDPatの特長をFAQ形式でご紹介します。

A:ご使用いただけます。ReDPatでは、10cmVASをePROで実現しました。また、弊社は、日本のベンダーですので、海外ベンダーで生じる言語の壁もなく安心してご利用いただけます。

vasスケール

A:ReDPatでは、初回に施設管理者担当者立会いのもと、入力トレーニングを行うので、ePROや端末の使用不慣れによる回答不備がないことを担保できます。

トレーニング

A:ReDPatでは、ご希望の時間にデータをロックすることで後からの参照、変更を防ぐことができます。

データロック

A:ReDPatでは、初回ログイン時に被験者本人によるPW変更を行うため、他人によるなりすまし入力を防止できます。

パスワード変更

A:ReDPatでは、各タイミングでリマインドのメールを送信可能です。

  • 未入力アラートメール
  • 入力開始アラートメール
  • お薬の服用時間アラートメール

これらの機能により入力忘れを防止できます。

アラートメール

A:ReDPatでは、被験者が入力を完了した時点での、タイムリーなデータ参照が可能です。

データ参照

A:ReDPatでは、ご希望に合わせたファイル形式での出力ができます。(途中経過をCSVダウンロード、最終データをPDF形式等)

ファイル出力

A:ReDPatでは、情報の「参照・登録・更新・削除」の範囲を役割別に設定し、CRCやCRAなど役割別に 参照・編集できる情報を制限することができます。

権限設定

A:ご安心ください。弊社は、基本的な機能をパッケージ化しているので、導入も簡単。もちろん、お客様に合わせたカスタマイズも可能です。

システムパッケージ

A:ER/ES指針(※1),PART11(※2) に準拠したSOPがあり、データの信頼性を確保できます。

※1 厚生労働省医薬食品局長通知として発出された「医薬品等の承認又は許可等に係る申請等における電磁的記録及び電子署名の利用について」のこと
※2 米国食品医薬品管理局(FDA)により施行された電子記録と電子署名に関する規則

システムの信頼性

A:ReDPatのデータセンターは、1,000KM以上離れている北九州と白河間でデータのミラーリングを行うため、万が一災害などで片方のサーバがダウンしてもデータを保証できます。※サービス要件によります

安全性保証

A:ヘルプデスクとして、弊社は被験者と直接連絡せず、個人情報も取得しませんので、ヘルプデスク経由での情報漏えいは心配ございません。

ヘルプデスクポリシー

導入フロー

計画から最終納品までの大まかな流れは下記の通りでございます。

商談

STEP1

お伺い

■案件概要受領

お伺い

STEP2

契約

■見積
■受発注

契約
STEP
セットアップ期間

STEP3

計画

■PJ計画

計画

STEP4

構築

■要件定義
■設計
■製造/テスト

構築

STEP5

運用準備

■トレーニング
■設定/登録

運用準備
STEP
運用

STEP6

運用

■ヘルプデスク

運用
STEP

デコミッション

導入実績

ReDPatは下記のようにご利用頂いております。

製薬会社A様
製薬会社A様

100人規模、約一年間に渡る臨床試験にてReDPatをご導入頂きました。弊社にてタブレット端末を用意し、それを各施設及び被験者様へ配布、毎日のリマインドメールにて入力を促すことで欠測率の低い臨床試験を実現しました。

製薬会社B様
製薬会社B様

150人規模の臨床試験にReDPatをご利用頂きました。より被験者様やCRC様のご負担が無いよう、管理画面、患者日記画面共にご要望を伺って画面デザインからご要望に沿うようカスタマイズ開発を行いました。

ReDPatお問い合わせ

ePROについてどんなご要望もお伺いいたします。
お気軽にお問合わせください。

※お問い合わせの際は、ご所属・お名前をご明記ください